会社案内

今は亡き竹内好和前社長が目指しておりました『夢の街構想』、具体的には地域共存共栄型、年齢層が偏らない老若男女が楽しい豊かな日常生活が送れる場を創ることを提唱し、その具現化に積極的な行動を起こし、異業種交流等、様々な分野での作家さん達との連携可能な開拓への試行、その為にはイヌイは何が出来るのか等々、あちこちにぶつかり乍ら思考、行動しておりました。

その竹内好和の熱き思いはイヌイのスタッフ全員の指針でもあり、彼らのもの作りへの想いと努力は今でも変わりなく、フュージョン(融合)という目に見えないものを形にしていくという目標でひとつひとつの壁を乗り越えながら日本国内で制作できる強みを活かし続けています。

竹内好和の思いあふれる文章は今のイヌイフュージョンの源泉になっており、その中でスタッフ皆の真摯な思いを一人ひとりが心がけるべき信条や行動指針とする『クレド』を全員でつくりました。

クレドに表現されているような他には類を見ない誇るべき金属工房を覗いてみて下さい。

代表取締役 竹内仁子

ご挨拶
(竹内好和 前社長)

心豊かなものづくりを目指しています

『小さなポスト物語』でも書いていますが、この事業の最初は私が作った小さなポストの見本にもならないオブジェ作りがすべてのきっかけになりました。

本当に小さな銅製ポストのプロットを作ったんです。恥ずかしくお見せするものではなく忘れていたのですが、ある年の暮れの大掃除のときにスタッフの一人が物置から見付けて来て今はデザイン室の片隅に飾ってもらっています。

ものづくりが好きな自分としては多くの方々にそんな気持ちを表現して見てもらいたい、何かそんな衝動からハンドメイドにのめり込んだような気がします。

やってみて数十年の月日が流れ、色々な経験と失敗の連続ですが、経営的には優秀なスタッフにも恵まれ、ご理解あるお客様にも恵まれたことで、本当に楽しい日々と将来の夢が大きく膨らんでいます。

作り手の私たちが心の豊かさを持ち続けてこそ、お客様に豊かな暮らし方や生き方のヒントを『ものづくりを通して』ご提案できたら素敵なことですよね。

大企業にはなれないと思いますが、スタッフ一同が楽しげな仕事と豊かな暮らし方ができるような上質な経営を目指しています。

ハンドメイド

10代の時の出逢いから

今でもその時のことを思い出しますが、高校のときの美術部の部長で一級上の先輩である西田との出逢いが、最初の『フュージョン』になった縁というのでしょうか、運命的というのでしょうか、最初の出会った高校時代から 30年以上の時を経て再会した出逢いという出来事がとてもはドラマッチックに思えてなりませんね。

そのことはちょっぴり『小さなポスト物語』のページで述べてみたいと思っています。

小さなポストの物語

イヌイフュージョン株式会社 クレド

コンセプト
「融合=fusion」

人と人が出会うことから生まれる無限の可能性
その可能性が金属と融合した瞬間に発生するエネルギー
それは機械では表現の難しい人の手だけが知る技です

イヌイフュージョンは、
こうして誕生した温もりが伝わる品々のご提供を通して
みなさまの
“ちょっと贅沢なひと時”“心やすらぐ空間づくり”
の一助になりたいと願っております。

自然の理に逆らうことなく・・・
様々な ヒト・モノ・コト との
繋がりを喜びとして・・・

みなさまへ

  • 地球共同体の一員として環境にやさしく、永く使い続けられる商品をつくり出す事を心がけます。
  • 商品に関しての情報共有をみなさまと積極的に行います。
  • 誠実な態度、真摯な気持ち、寄り添う心、迅速で心地よい対応を心がけ、ご期待以上のモノをつくる努力をします。
  • スタッフ全員の力を合わせて、みなさまの「うれしい」を創り上げます。そのことが私達の「うれしい」へと繋がります。
  • みなさまにお会いできることを常に心待ちにしております。いつでもお声がけください。

イヌイフュージョンの心得

  • 笑顔で、明るく元気に挨拶をします。
  • 自分の考えを、素直に伝える努力をします。
  • あらゆる事に興味を持ち、探求しコツコツと努力を重ねます。
  • 安全で心地良く、楽しく愉快な職場環境作りを心がけます。
  • 何事にも、誰に対しても、素直な気持ちと思いやりを持って接します。
  • みんなの気持ちを一つにすれば、全てのことは乗り越えられると信じて挑みます。
  • 心身共に健康であるよう、心掛けます。
  • 仕事が出来ることに感謝します。

会社情報

商号 イヌイフュージョン株式会社
所在地 〒340-0013 埼玉県草加市松江2-11-1
TEL 048−931−7399
FAX 048−931−4597
設立 1968年10月16日
資本金 1000万円
代表取締役 竹内 仁子
決算期 9月
事業内容 エクステリア・インテリア製品の製造販売・工芸品・オブジェ
各種看板等の制作・販売・外構・造園設計・施工・トータル住空間プロデュース
取引銀行 埼玉りそな銀行 草加支店 
武蔵野銀行 草加支店
商工組合中央金庫 
埼玉県信用組合金庫 草加支店
営業時間 9:00~18:00
休業日:日曜日、祝日(不定期で土曜日)
(ショールーム営業時間:10:00~17:00)

製品についてのご質問・ご相談、ご注文など、お気軽にご連絡下さい。メール・FAX・お電話にて承っております。特注品などのご要望や、「ここの部分はどのようになっているのか?」などのご不明点も直接ご連絡いただけます。

沿革

1968年 設立
有限会社イヌイ製作所として東京都足立区梅田で金属プレス加工及び
プレス金型製作業を設立。銅製雨樋類特種加工所として技術を向上させる。
1978年 本社を埼玉県草加市松江町271-3に移転する。
最大手某メーカーの量産協力会社として主力会社となる。
1985年 第二工場を隣地に新設する。
資本金300万円に増資
1991年 現在の会社の前身となるイヌイフュージョン開発事業部を設置。
同時にデザイナーを採用して、量産体制から少量生産への準備をする。
金属プレス加工という量産体制から鍛金・特殊板金加工というハンドメイドへの移行を実行する。
その頃に北海道札幌市在住のアトリエ583の江口正敏氏に出会い、鍛金や銅・真鍮などの加工の楽しさを教わる。
スタッフの西田和人を約1ヶ月間の短い期間ではあったが、出向させて、ご教授願えたことは大きな前進となる。
そして、それがその後のオリジナル銅製ポストの製作を西田と竹内が開発していく大切な基盤になる。
また、ロートアイアンとの融合へ繋がるデザインと技術の最初の基盤にもなった。
1992年 東京藝術大学鍛金科講師の相武 常雄氏を顧問に迎えると
同時に多くの作家の方から鍛金・鍛造の教授を受ける。
1993年 現在の鍛金工房となるプレハブ小屋の改修をする。開発事業として最初の工房とする。
横浜市の関内にあるリビング・モア店(東京ガス)にて『イヌイフュージョン・ポスト企画展』を行う。 
家庭画報の10月号に最初のポストとホームサイン等がガーデニングの特集記事に掲載される。
1994年 社内でのイヌイフュージョン事業部専用の工房施設が増設される。
銅製ポストのオリジナル版がスタンダードとして認められようになる。
同時にロートアイアンの需要も生まれてきた。
1995年 外構設計・施工事業部が設置される。
1997年 伊勢丹新宿本店4階にて『小さなポスト物語
(こだわりのホームサイン展)企画・プロデュースして開催する。
約2ヶ月の出展で500名あまりのお客様からのアンケートを頂く。
それは今でも貴重なマーケティング資料となっている。
イヌイフュージョン2階にショールームを開設する。
日経デザインにポストの記事が掲載される。
1998年 月刊誌『家庭画報2月号』に掲載される。
ロートアイアンの工房(第2工房)の増設。
1999年 有限会社イヌイ製作所が株式会社に組織変更され、
イヌイフュージョン株式会社と改名される。
資本金1000万円。
外構事業部の強化として、専属のデザイナーを採用する。
『主婦と生活社』小さな庭のガーデンデザインに外構デザイン・施工例と工房及び
デザイナーの記事が掲載される。
6月には、東急ハンズ池袋店4階で、イヌイフユージョンのために
「特別開放区・6ラック」(1ラックが90センチ)のスペースを設けられた。
主婦と生活社』緑が美しいガーデンデザインに外構デザイン・施工例の記事が掲載される。
アメリカ西海岸ガーデニング・住宅視察旅行2名。
第一回鞴まつりを開催する。
2001年 代表取締役就任
2002年
8月
『主婦と生活社』すてきなガーデンデザインに外構デザイン・施工例
及びデザイナーの記事が掲載される。
工房内にショールームとギャラリーを増設する。
イタリア研修旅行を9月と11月総勢6名2回に渡り実行。
第2回鞴まつりを開催する。
埼玉県『彩の国』指定工場になる。
2003年
5月
草加市リノベーション・ミーティング結成。
草加リノベーション構想を市長へ提案する。ロートアイアン製作部門。
7月
東京都中小企業大学校モデル実習工場となる。
10月
WEBサイトを自主制作として発表。
2004年
2月
自社主催の『自由人倶楽部・イヌイカフェ』スタート。
4月
スズ鋳物製品の開発。
6月
社員用保養施設システムを採用する。
7月
装飾製品の開発スタート。開発顧問を設置。松岡正剛氏 エクシブリゾート率いるミレニアプロジェクトチームに参画。
11月
ビックヒット社屋外構デザイン・ロートアイアン大型門扉製作。
2005年
10月
ジャパン・ガーデニングフェアに出展。パシフィコ横浜会場。
2006年
6月
大川家具上尾店 展示場を設置 リフォーム・外構デザイン事業部を併設する。
7月
ドイツ視察研修を実施する。
2007年
5月
エクステリア&ガレージフェアに出展する。
照明オリジナル製品・ステンド照明製品開発発表 東京ビックサイト会場。
2008年
10月
エキスポに出展。幕張国際展示場。
自社第2工房ショールーム・第一工房2階ロートアイアン・バルコニー完成披露バーティーを開催する。
2009年
4月
アトムリビンテックにてショールームを開設する。
グリーンエキスポ出展。(於:パシフィコ横浜)
2012年
7月
草加商工会議所主催 市内小学生を対象に親子での体験ツアー“草加モノづくり探検隊”開始。毎年、夏休み企画として受け入れ予定。
2014年
3月
“若大将のゆうゆう散歩”草加市内の企業訪問での撮影協力、全国に放映。撮影協力、全国に放映
2015年
9月
第二工場道路南側 外構部分全面リニューアル
2017年
4月
事務所棟・デッキ部・階下アプローチ全面リニューアル
7月
アトムリビンテック㈱新橋アトムタワーで作家6人による『かがみ展』協賛
2018年
9月
スタッフ全員のスキル確認と各自のポテンシャルを認識する為に『セルフキャリアドック』導入実施
12月
そうか産学行連携事業に参加
2019年
9月
スタッフ全員で『クレドカード』制作
12月
働き方改革の一環として 昭和時代からの就業規則見直し、修正後、労働基準監督署に提出、承認
2020年
7月
コロナ禍の影響で“草加もの作り探検隊”中止
2021年
7月
コロナ禍の影響で“草加もの作り探検隊”中止

当社工房ショールームのご案内

イヌイフュージョン工房ショールーム入り口矢印
イヌイフュージョン工房ショールーム展示品
イヌイフュージョン工房ショールーム展示品

実際に製品が作られている工房に隣接したショールームがあります。
工場内には随所に、サンプル品やオブジェなど
イヌイフュージョンの世界観が感じられる空間となっております。
(営業時間:月~土10:00~17:00)

お越しいただく際には事前にご連絡をお願いします。

Copyright InuiFusion All Rights Reserved