ホーム>ポストの話

ポストの話

小さなポスト物語 永遠の序章

こちらの(小さなポスト物語)は、故 好和社長が執筆した内容をそのまま掲載しております。

出会い

小さなポスト物語

1990年に西田和人と私が再会した事からこの物語が始まりました。それ以前のことを思い浮かべると、何とかして会社の経営の方向性と将来のやるべきことや目的を見付けたいと強く願い続けてきましたね。

 本当に余裕などなかったですね。今になって、何とかやるべき方向性を人にも語れるようになったし、語っていることが具体的に見えてもくるんですね。それってやっぱり実績とか結果が出ていないとちゃんと話が相手に伝わっていかないものだなぁーとも感じていました。

 本当に同じ事を言ってたつもりでしたが、その頃はなかなか周囲の人々には理解してもらえなかったことを覚えています。

 

新製品『コン・テネレッツァ/Con Tenerezza』のご紹介▶

 

 イヌイフュージョン事業部の設置

1991年に西田がうちの会社に入社したいと言って、前の会社をやめてしまった時は、まだこちらも新事業の準備ができていませんでした。
 今だから言える事かもしれませんが、本当に腹を決めた事件でした。デザイナーという存在を雇い入れる余裕は当時ありませんでしたから。やはり物事を始める時のタイミングっていうのでしようか、一瞬の判断の大切さを感じたときでした。あの時にそれをしなかったら今が無いとつくづくと思いました。
 開発事業としては、何する当てもなくハンドメイドの商品開発というよりも、まだ技術開発の段階程度でした。ですからまずはロートアイアン・鍛金等の制作方法から検討し、技術習得からと言う無謀なものであったと思いますが、プレスの加工及び周辺技術が底辺にありました。
 いま思えば、そのときから将来的な方向性を考える行くデザイン力が常に問われていたんですね。
 本当に無茶なことであったと思いますが、多分今からやれと言われれば同じパターンでやるでしょうね。但し、やるべきことがわっかていればそれを真っ先にやれることに越したことは無いんですが、何をやるべきかをしっかりと掴んだ訳でないので、確かに無謀でした。しかし、ハンドメイドの可能性の世界を模索していました。そのもの作りのシステムが事業として成り立つ方法が無いかと。はっきりは見えませんでした。しかし現状では先細りになることは分かっていました。
 だからまず動きました。リサーチしました。とりあえずの活動の基準点を見付ける為に動いたんです。何もやらず、じっとしている訳には行きません。何もできないで一生を終わってしまうなんて耐えられませんよね。新事業を求めている中で企画とデザイン力の大きな壁が見えていたんですね。

埼玉デザインプラザーとデザインスクールで学ぶ

 私は早速、埼玉県の工業技術試験所に問い合わせをして、デザインの勉強になるカリキュラムを探しました。その結果、埼玉県で始めてのユニークなデザインスクールを開催募集しているとの事。早速私と西田が受講生として応募した次第です。
 その時の教授が後年友人になりました馬場了氏でした。そして、これを機会に埼玉県は多種の分野で活躍されている人たちを集めて、埼玉から新産業を起こすような切っ掛けになる事業をしたいということで、『埼玉デザインプラザー』という事業を企画し実行しました。
 馬場了氏を中心に一流のデザイナーや大学及び研究関係者・弁理士・企業コンサルタント・各種ユニークな企業の代表者を集めたのです。私もその流れの中に入らせていただきながら、彼らと共に、『デザインマネジメント』を自分の事業に有効に活かしてきました。

小さなポストのオブジェ

 ただ上記に掲載した小さなポストの写真は自分が何とかして、何かを作りたいと願っていた熱い思いが、ほとばしりながら訳も無く、夢中で自分の内側にあるものをスタッフに提示する為に作ってしまったもの。プロの方から見れば本当にお粗末なもんですが、その頃の熱い思いを忘れないためにも残しました。お恥ずかしいですが、いま思うと楽しい時間でした。そして、それがこの小さなポストのオブジェなのです。
 今ではスタッフのデザイナーや職人たちが私の思いを形にし、多くのお客様のオーダーを形しておりますが、その時のものづくりの原点を忘れないように心がけています。ロートアイアンや銅製ポストの製作に打ち込みながら、更なるものづくりの楽しさを表現して行きたいです。

「イヌイフュージョンの由来と原点」

 それが今イヌイフュージョンのスタンダードになった銅製ポストの源となった訳です。今の一連のオリジナル銅製ポストは、そんな自分の思いを西田が汗水流して完成させて答えてくれたものでした。
そういう意味で最初の『フュージョン』が始まった大切な事柄だと思っています。
 イヌイフュージョンの意味は私の両親の干支を採りました。イノシシ生まれの父(亥)とイヌ年の母(戌)、人生の苦難を乗り越えていく姿を見てたことと、私自身の体験から痛切に、人は多くの人や物事に支えられ、活かされているのだと実感していることです。
 そして、人と人が出会ったことから生まれる無限の可能性と融合していくエネルギーを実感しています。それらの思いを会社の社名にすることで、経営理念にしているのです。

小さなポスト物語の序章

 人生の良き出会う人々と、どのように融合していくか、そのことが私の事業のすべてのスタートとするため『フュージョン』融合していくことを大きなパワーとしたのです。今その融合の連続が年毎に大きく育ってきています。
 その意味でもここから『小さなポスト物語』の序章が書き始められたと思います。機会あるごとに私たちの物語を書き続けていくことが、私の仕事になって行くように、これからも大いなる夢を描き素晴らしい手づくり感動工房で皆様の暮らしの中に、限りなく上質なものづくりを目指していきます。

 

新製品『コン・テネレッツァ/Con Tenerezza』のご紹介▶

 

ページ上部へ